人見知りする人は、なかなか婚活で出会いがないと感じるかもしれません。人と接するのが苦手な人が、どうすれば素敵な出会いができるのか、詳しく見ていきましょう。

人見知りは無理に作ろう必要はない

人見知りは無理に作ろう必要はない

人見知りの人は、無理に相手に合わせようとして、オーバーにリアクションしたり、自分から無理にでも話そうとするかもしれません。けれども、そのような行為は結局相手を疲れさせてしまうだけです。偽りの自分を演じると、本当の自分が見えません。

相手にとっては、仮のあなたしか見えないので、本当は何を考えているかわからず、一緒にいても疲れてしまうのです。無理に相手に好かれようと仮面をかぶっても逆効果になってしまうのです。

人見知りしてしまうことを隠さない

女性の婚活・人見知りを隠さない

人見知りしていることを隠さないことです。人見知りしたっていいのです。でも、人見知りを隠そうとしたり、無理に喋ろうとすると逆効果です。また、相手を見下したりするのもよくありません。人見知りしてしまう性格を受け入れましょう。そうすれば、少しは楽になるのではないでしょうか。

少し笑顔を多くする

笑顔を多くしてみる

そして、人見知りの人が、良い出会いをするためには、少し笑顔を多くしてみることです。微笑むくらいでもいいです。そうすると表情が明るく見えるのです。

人見知りしてふさぎこんでしまうと、どうしても暗く見えます。けれども、微笑みを見せると、明るく見えるので相手からも好感を得られるのです。大きく笑う必要はありません。それだと不自然になってしまいます。少し微笑むくらいでも効果はあるので、人見知りする人は、微笑む回数を多くしてみましょう。

聞き役に徹してみよう

聞き役に徹する

人見知りをする人は、初対面が相手だとなかなか話せないこともあるでしょう。そういう場合は、相手になれるまで聞き役に徹してみましょう。ひたすらよく聞いてあげる。これだけでも、「自分の話をよく聞いてくれる人だ」と好感を持ってもらうことがあります。

無理に話す必要はないのです。相手の話を聞いてあげるようにしましょう。

人見知りをしてしまう人は自然体でいること

人見知りをする人は自然体でいること

人見知りをする人は、婚活では自然体でいることです。人見知りすることを隠さない。人見知りする自分を受け入れてくれる相手を探しましょう。取り繕った自分を演じて、相手と関係を続けてしまうと疲れるだけです。人見知りでも気にしない相手と一緒にいた方が、お互い疲れません。

そのように、人見知りを受け入れてくれる、今の自分を受け入れてくれる相手を探しましょう。